耐震診断ってなに?

住宅 聴診器

耐震診断とは、業者がご自宅にお伺いして、耐震性能を調査することです。
地震のエネルギーを吸収できる能力を、耐震性能といい、建物の強さと粘りに、形状と経年状況を考慮して決められます。
下記の項目は、耐震診断の内容の一例です。専門化によるこのような調査が、耐震性能を評価する手掛かりとなります。

診断をする物件周辺の、地盤状況を確認します。

日本の住宅街の風景 2
日本の住宅街の風景 2

その1:周辺状況の調査

電柱の傾き、付近にある河川の状況、公共施設の有無、道路のうねり、ブロック塀の傾き、周辺住宅の屋根の棟や軒先の波打ち、家の傾きなどを調査します。

その2:基礎/コンクリートの調査

壁や基礎のひび割れの調査をします。

【精密診断】
測定器でチェックします。コンクリートの強度を調べます。
シュミットハンマーという測定器で、コンクリートに打撃を加え、返ってきた反射の強さで強度を測定します。
有筋コンクリートか、無筋のコンクリートかを、探知センサーによって確認します。

その3:建物の形を調査

現在の住宅を図面にして、建物のバランスをチェックします。
建物を上から見たとき凸凹していないか、建物を横から見たとき2階が1階より
出っ張っているところがないか(整形・不整形)を調べます。
図面があれば、相違がないかを確認します。

その4:壁/筋交いの配置を調査

外壁の一面に、どれだけ壁や筋交いがあるかについて判定します。
屋根の重さによって、必要となる壁の量も変わってきますので、その建物に最適な壁量を調べます。

【精密診断】
実量を調査します。

その5:壁のバランスを調査

耐震の要ともなる壁の、配置が均等かどうかを調べます。
耐力壁のバランスが悪い(偏心率が大きい)家は、
地震時に建物がねじれをおこして倒壊する危険性が大きくなるため、
壁のバランスが規定値に達するかどうかの調査を行います。

その6:屋根裏を調査

屋根裏をのぞき、ボルトや金物がしっかり入っているか、
緩みがないか、筋交いは入っているかなどの、強度を調べます。

その7:床下を調査

床下にもぐり、基礎の強度やひび割れがないか、シロアリに侵食されてないか、適正な湿度が保たれているかなどを調べます。

耐震診断には助成金がご利用いただけます!!

住宅販売 ビジネスマンの手

各市区町村によってことなりますが、例えば大阪市の場合、耐震診断、改修の90%が助成金で補助されます。

助成金について

当社の施工エリアを含む奈良県では、昭和56年5月31日以前に建築確認を得て着工した家の中で、一定の基準にある木造住宅(在来工法に限る)の耐震診断に補助を行っております。

そして、この耐震診断結果を基に耐震工事を行った場合は「工事費用の一部補助制度」や無利子の「工事資金融資」が利用できます。このような診断や補助は大阪府の市町村でも行っております。詳細は各市町村によって違いますので、まずはお住まいの各市町村窓口へお問い合わせください。

奈良県生駒市の場合

タイトル 既存木造住宅耐震診断補助事業
支援の対象 市民
支援の内容 木造住宅の地震に対する安全性を確認するために行う耐震診断に対し、その費用の一部を補助する。
○対象:現に住宅の用途に供している建築物で、昭和56年5月31日以前に建てられたもの など
○補助額:耐震診断に要する費用×2/3(限度額2万円/棟)

大阪市の場合

実施内容 耐震診断 耐震診断
+
耐震設計
(耐震改修工事費の見積もりを含む
申請できる方 建物所有者
または
耐震診断事業者
建物所有者
補助の内容 補助額は、
耐震診断に要する費用の90%以内

※一戸につき45,000円かつ
床面積あたり900円が限度額
補助額は、
耐震診断・耐震設計に
要する費用の90%以内

※一戸につき45,000円かつ
床面積あたり900円が限度値
※耐震設定は1戸につき18万が限度額
対象建物 大阪市内にある住宅
(木造・非木造を問いません)

※3階建て以上の費目増共同住宅については、
補助要件・補助内容など、
制度の内容が異なります。
詳しくは窓口までお問い合わせ下さい。

※昭和56年6月いこうに建てられた
住宅も補助対象になりました
大阪市内にある住宅
(木造・非木造を問いません)

※3階建て以上の費目増共同住宅については、
補助要件・補助内容など、
制度の内容が異なります。
詳しくは窓口までお問い合わせ下さい。

※昭和56年6月いこうに建てられた
住宅も補助対象になりました